メディネットの事業

細胞加工業2つの法制度の施行に伴い、今後の成長が期待されています。

メディネットは、開発から、製造、マーケティングといった再生・細胞医療のバリューチェーンを、ワンストップで実現するトータルソリューションを提供しています。医療機関、研究機関、企業が、再生・細胞治療をスムーズに行えるよう、広範囲に支援する新たな事業を展開しています。

細胞加工物の開発・製造受託

国内最大レベルの細胞培養加工施設 品川CPF

品川CPFの外観

細胞加工の様子

メディネットが東京都品川区に新設した細胞培養加工施設(品川CPF)は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき特定細胞加工物製造許可を取得いたしました。

品川CPFはこれまでの豊富な実績に基づく免疫細胞治療に係る細胞加工に加え、体細胞、幹細胞、iPS細胞などの多様な細胞加工を視野に入れて設計されています。

特定細胞加工物の製造受託はもちろんのこと、再生医療等製品の開発から商業生産まで対応可能となっています。

今後は品川CPFにおいて細胞加工の製造受託を本格的に開始し、再生・細胞医療の普及に向けてお客さまの幅広いご要望に応えてまいります。

細胞医療製品事業メディネット独自の技術を活かし、自ら開発しています。

細胞医療製品事業については、これまで継続的に行ってきた大学病院等との共同研究の成果をベースに、細胞医療製品(再生医療等製品のひとつ)の製造販売承認の取得を目指しています。

また、国内外で行われている細胞医療製品の開発動向にも注目し、パイプライン取得を視野に入れた活動も行っています。

2013年12月には、「細胞医療製品事業」に取り組む100%連結子会社「株式会社メドセル」を設立し、細胞医療製品の開発体制を強化しました。

メディネットグループの細胞医療製品の開発・製造・販売体制

免責事項

サイトに掲載している情報は、当社の企業情報の提供を目的として作成したもので、当社株式の購入や売却を勧誘するものではありません。投資に関する決定は、ご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。また、医療技術・サービスに関する情報が含まれていますが、その内容は宣伝広告、医学的アドバイスを目的としているものではありません。

将来の見通しについて
当サイトには、当社の目標、計画、戦略等の将来の見通しに関する記述が含まれております。これら将来に関する記述は、当社が現在入手している情報に基づく判断および仮定に基づいております。したがって、実際の業績等は今後さまざまな要因によって大きく異なる可能性があることをご承知おき願います。
当サイトの運営について
当サイト内の掲載情報の内容について細心の注意を払っておりますが、コンピュータの誤作動、不正アクセス行為等による不正な書き込みにより不正確な情報を含む可能性があり、当社は、当サイトに掲載された情報を利用したことにより生じるいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。なお、当サイトは予告なく運営の中断、中止や内容の変更を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。