仕事紹介

がん免疫細胞療法を始めとして、再生・細胞医療分野での革新的な医療技術、サービスを開発し、それらを普及医療としていち早く社会に届けるために、研究開発から、新しい医療のための社会基盤整備に向けた業務まで、メディネット社員は幅広い領域の仕事に取り組んでいます。
ここでは、当社における代表的な仕事をご紹介します。

免疫細胞治療を始めとした次世代医療技術の開発とその健全な普及・発展

  • 研究開発・技術開発 より効果の高い治療技術の開発
  • 臨床開発 安全性と治療効果の検証、科学的エビデンスの構築
  • 細胞加工 安全で効率的な患者細胞の加工・検査
  • 学術提供・学術企画 医師への正しい情報提供
  • 広報プロモーション 患者を含む一般への正しい情報提供

研究開発・技術開発の仕事

より効果的で安全性の高い治療技術の実用化を目的とした
研究・技術開発

• 研究開発・生産技術開発
より有効な新規治療技術の開発、安全かつ効率性の高い細胞培養技術及び周辺技術の開発・改良、コストダウンの実現など。
• 開発企画/知的財産管理
研究開発方針の検討、先行技術調査、プロジェクト及び予算管理、助成金申請、知財管理など研究・技術開発に関する企画と管理業務。研究と経営の橋渡し役。

この仕事の社員インタビューを見る:生産技術開発 前田 努

臨床開発の仕事

安全性と治療効果の検証、科学的エビデンスの確立を
目的とした臨床研究の推進

大学病院などの中核医療機関と共同で実施する臨床試験・臨床研究の企画及び推進。新しい投与方法や抗がん剤、放射線といった標準治療との併用療法の開発、適応症の拡大などを目的とし、その企画立案から医師とのコミュニケーション、メディカルライティング、データマネージメントまで幅広く担当。科学的エビデンスに基づく医療としての普及・確立を担う仕事。

細胞加工の仕事(細胞培養・品質検査・細胞移送)

安全かつ効率的な患者細胞の加工・検査を担う「医療技術職」

「免疫細胞治療」を受診する患者さんの血液から、がん細胞の攻撃に関わる免疫細胞を取り出し、治療用細胞として増殖・活性化、及び品質検査などを行う。いわゆる研究・実験ではない、実際の治療における患者細胞を扱う医療技術職。セル・プロセッシング・センター(CPC)と呼ばれる、医療機関に併設されたクリーンルーム内での作業。

この仕事の社員インタビューを見る:医療技術者 高城 明日香

学術営業・学術企画の仕事

医師への正しい理解を促進し、治療法の普及を担う仕事

がん臨床医の治療認知度向上と理解促進、治療実施医療機関の拡充を目的とした情報提供活動。医師への直接アプローチ(営業活動)実施、また医師向け勉強会やセミナー、ウェブサイトや専門誌を利用した医師への情報発信について企画、ツール制作、運営などを担当。

広報・プロモーションの仕事

正しい情報提供を通じて患者さんの治療検討を助け、
選択肢を増やす仕事

患者さん自身やご家族を含む、広く一般に向けた治療情報の提供。新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどのメディアを利用した情報発信や一般向けセミナーの企画・実施を通じて、先端医療の正しい情報をいち早く届け、患者さんの治療検討、治療選択をサポートする仕事。