配当政策・配当状況

配当政策

当社では、株主に対する利益還元を最重要課題の一つとして位置づけており、業績、経営基盤の強化及び将来の成長等を総合的に勘案して、利益配当の実施を検討してまいります。また、先行投資を着実に回収し、継続的な成長を果たすことで企業価値を向上し、株主の皆様の利益に貢献したいと考えております。

しかしながら当社は、平成23年9月期より6期連続で当期純損失を計上していることから、当面は、細胞医療製品の製造・販売承認の取得に向けた設備投資及び研究開発投資、細胞加工業の顧客獲得に向けた設備投資及び営業活動への資金充当を優先して、事業の成長を図りながら、継続的に利益を計上できる企業体質となることにより、利益配当の実施を目指してまいります。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

なお、当社は、「取締役会の決議により、毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる」旨を定款に定めております。

配当状況

2012年9月期 2013年9月期 2014年9月期 2015年9月期 2016年9月期
配当額(円) - - - - -
1株当たり配当(円) - - - - -
配当性向(%) - - - - -